ウエストの脂肪は代謝向上が重要

脂肪のたまりやすいウエストまわりは代謝を上げて燃焼させると効果的です。

加齢によって基礎代謝が落ちると、身体に脂肪がたまりやすくなります。
特に骨のないウエストまわりは、最も脂肪のたまりやすい場所になります。
また、骨盤の歪みなどから起こる骨のゆがみも脂肪がつきやすくなる原因の一つとされています。
まずは姿勢を治すことが重要なのです。

ウエストまわりがすっきりすると、身体全体の印象も変わってみえます。
ウエストの脂肪を燃焼させたり、姿勢を調えたりして、女性らしいくびれを手に入れましょう。

正しい姿勢で代謝アップ

ウエストのくびれを作る為に正しい姿勢を心がけましょう。
姿勢がきれいなら骨が歪むこともなく、余分な脂肪もつきにくくなります。
また、正しい姿勢を保つためには、筋肉を正しく使わなければなりません。
筋肉を使えば、代謝が上がって脂肪燃焼も活性化し、全身のスタイルをキープするのに役立ちます。

正しい姿勢

  • 顎を引く
  • 肩の力を抜く
  • 軽く胸を張る
  • 背筋を伸ばす
  • お腹に少し力を込める
  • お尻を引き締める

くびれエクササイズ

お腹の筋肉に刺激を与え、ウエストまわりの脂肪を燃焼させます。

  1. 足を肩幅に開いて立ち、両手を腰にあてて、筋肉を意識しながら指を押し込みます。
  2. そのまま上半身だけを左右にねじります。左右1セットで10回行います。

骨盤歪みエクササイズ

骨盤のゆがみから、ウエストに脂肪がたまりやすくなります。
ゆがみを直して、やせやすい身体作りをしましょう。

  1. 脚を肩幅に開いて立ち、腰に両手をあてます。
  2. 上体は真っすぐなまま、腰を右回りに10回まわします。
    左にも10回まわします。

上記の運動だけでも十分な運動効果を得ることが出来るので是非今日からでも初めてましょう。
ウエストの脂肪は中々落ちにくいので毎日の積み重ねがとても大事になりますので、面倒だと思わずに続けていくことがとても重要になります。

たるんだお腹ではなく引き締まったお腹を目指していきましょう。