加齢で下がってくる胸の筋肉を鍛えてバストの形を美しくキープ

バストは脂肪組織などで構成されているので、皮膚や筋肉に支えられています。
加齢により、この皮膚や筋肉が衰えると、バストが下がったり、形が崩れたりしてしまいます。
バストの形を司るのは、胸の上部に位置する大胸筋という筋肉です。
この筋肉を鍛えて、バストのたれ下がりを阻止しましょう。

バストアップストレッチ

胸の筋肉が衰えると、顔や首の筋肉までゆるんでしまいます。
エクササイズで手軽に引き締めることが出来るので試してみましょう。

1、胸の前で両手の指先を組み合わせ、外側に向けて10秒ほど引っ張ります。
それを20回行います。

※ゆっくり息を吐きながら行なうと、より効果的です。

バストアップエクササイズ

バストは、鍛えないと20代半ばからでも下がり始めます。
胸の筋肉は、普段使わないので意識的に鍛えることが必要です。

1、息を吸いながら、両腕を肩の高さで地面と平行になるように開き、ひじを直角に曲げます。

2、息を吐きながら、両腕を肩の高さで胸の前に移動させます。胸の前で5秒静止したら、1、の状態まで戻します。
それを20回行います。

デコルテマッサージ

バストがきれいに見えるようデコルテもすっきりと。
また、マッサージでリンパ液の流れもよくなり、老廃物の排出も促してくれます。

1、顔を少し左に傾け、右鎖骨下に左手の指先を添えて、鎖骨下を内から外へ5~10回マッサージします。左鎖骨下も反対の手で同様に行います。

※人差し指が鎖骨の下に来るようにあてます

 

この3つだけでも十分にバストアップ効果が見込めるので是非とも試してみてください。