腹筋のダイエット効果は基礎代謝量のアップとウエストのくびれをつくることにあります。

基礎代謝量とは人間が生命を維持するために必要な最小限のエネルギーのことです。

言い方を変えると何もしなくても勝手に消費されるエネルギーということになります。

基礎代謝量がアップすると自ずと消費カロリーが増えるので、効率的に痩せることができます。

消費カロリーを増やすためには体の中の比較的大きい筋肉を鍛えることがポイントとなりますので、腹筋をして筋力をアップさせるのが最適です。

基礎代謝量は加齢に伴いどんどん低下していきますので、ある程度の年齢になったら積極的に腹筋を行って筋肉の量を増やすことが大切です。

腹筋は基礎代謝量をアップさせて消費カロリーを増やすだけではなくウエストを引き締めてくびれをつくる効果も期待できます。

理想的なウエストラインに導くことができます。

くびれをつくるためには様々な種類の腹筋を組み合わせて行うのが良いでしょう。

腹筋にひねりを加えることでくびれができやすくなります。

初心者の人はバランスボールなどを使用してトレーニングをすると簡単に行うことができます。

最初は軽めの負荷から始めて徐々に負荷をかけていくというトレーニング方法がおすすめです。