ヨガと一言でいっても、ヨガの種類にもいろいろあります。
ヨガの種類を組み合わせることによって、痩せやすく太りにくい体をつくり、
ダイエット効果を感じることができるようになります。

ヨガには、消費カロリーの高い、動きの激しいものからほとんど動きのない消費カロリーの低い
ものがあります。

最初から消費カロリーの高いものを選んでしまうと、その後の継続難易度が上がって続かないので
最初は、動きのあまりないものから選んでいくようにします。

ヨガは、運動だけでなく、心(精神)と体のバランスを保つことに重点を置きます。
そのため、動きに合わせて呼吸の動きが大切になります。
最初にヨガを行う場合は、呼吸に重点をおいたレッスンを行うようにします。
ヨガにおいて呼吸は非常に重要です。呼吸は、主に複式呼吸をつかって体を動かしていきます。

腹式呼吸、深呼吸をすることによって、お腹のなかへ息をいれ、お腹から息を吐き出すことによって
お腹周りを刺激させることができます。

いきなり激しい運動をするよりも複式呼吸をつかって、お腹周りの筋肉に刺激をあたえることによって
、よりその部位に刺激をあたえやすくします。

複式呼吸をつかってヨガの動きを行うことによって、
体の動きを感じ、カロリー消費の高いダイエット効果を行うことができます。