飲食店の価格設定はキリの良い数字になるべくする

 飲食店が価格でインパクトを与えていきたいのなら、やはりその安さで勝負するのが妥当です。ただ、ここで気をつけなければならないのは、なるべくわかりやすい価格で勝負するということです。価格というのは見た目にはただの数字ですが、だからこそインパクトを与えることがあります。そして、それはやはりキリの良い数字ほどそのインパクトが強いです。

 それは、たとえば1皿100円の回転寿司、すべてが500円の定食を出す定食屋、イタリアンのコース料理が2000円など、キリの良い数字であればあるほどそのインパクトは強くなります。人間とは不思議なもので感覚的にそういうものです。

 これがもしも1皿1皿94円の回転寿司、すべてが470円の定食屋、イタリアンのコース料理が1860円など、中途半端な数字だとキリの良い数字よりも安くなっているのに、そのインパクトはそこまで強くないです。こうした中途半端な数字だとパッと見お得なのかどうか一瞬考えてしまいますし、わかりやすさに欠ける分だけそのインパクトはどうしても薄れてしまいます。

 原材料の仕入れ値、人件費、お店の家賃等さまざまなことを考慮してメニューの価格は決まっていますので、そうそう都合良くキリの良い数字に設定できるわけではありません。また、やはりキリの良さよりも安さをアピールしたい場合は、たとえ中途半端な値段であっても限界の最安値で提供したいという方針になるかもしれません。厳密にどれが正解とは言い難いので断じることはできませんが、それでもキリの良い数字にしておいたほうがやはり若干集客力は上がるような気がします。

 飲食店における価格設定は売り上げの生命線になる部分ですから、そうそうキリの良い数字だけにこだわるわけにはいかないのかもしれません。しかし、キリの良い数字が宣伝や広告の役割を果たすならば、多少の犠牲を払ってでもそうする価値は十分あります。ですので、飲食店の価格設定は、キリが良くてわかりやすいに越したことはないのです。


ケータリングカーは販売する品の変更も楽

ケータリングカーという移動販売が非常に多くありますが、こういった手法のメリットとしては、なかなか上手く売れ行きが上がらない場合に、品物を変更しやすいというのがあります。通常のお店はそうはいかないでしょう。1度お店を作って開店してしまうと、外観はともかくとして、内装や設備などはそのお店専用に作ったモノです。例えば、焼肉屋をやっていたお店は、焼肉専用の内装になっているので、それを変更して別のお店に変えることは容易ではありません。したがって、1度始めたらそのお店から方向転換することが難しいです。再度お金も多額にかかりますから。

その点、ケータリングカーは便利ですよ。すでに販売しているものがなかなか売れないとなれば、すぐ別のものに変えることができます。ケータリングカーで販売できるものは限られているので、そんな特別な設備がないとできないものはあまり適さないのです。だから、車内で普通に作ることができて、かつ容易に販売できるものが選ばれていると思います。そうなれば、車内の改装はそんなに必要ないです。

強いて言うならば、車の外装を変えるくらいで、そこまでお金はかからないのです。ずっと商売をしていても、なかなか軌道に乗らないと分かれば、損失が膨らむ前にすぐに方向転換して、別のものに変えていけます。その行動の迅速は、やはり店舗を普通に構えて営業しているケースではなかなか実現が難しいと思いますから、そこは1つのリスクマネジメントと言えるのではないでしょうか?損失が膨らむ前にそれを改善させることができる可能性がありますから。

ケータリングカーのリスクマネジメントは他にもいろいろな特徴がありますが、その中でも外せないのが今回紹介した点になるのではないでしょうか?迅速な判断で損失をできる限り回避するというのは、経営者の手腕の1つでもありますから、それを実現しやすい方法を選ぶというのもまた、経営者の手腕の1つになると思います。


日本にはない飲食店を探すには海外に行くのが一番

近年日本国内で話題になる行列のできる飲食店の特徴は、海外から輸入してきたお店などが多いです。日本には無かった「新しい何か」がある海外の美味しいスイーツや食べ物を、海外旅行や海外出張などに行った人々が見つけ、現地の企業や経営者と交渉し、日本に出店させるというケースが殆どです。

日本にはなく、海外に存在する美味しい食べ物を見つけることができれば、基本的には誰にでもビジネスチャンスはあると言えます。とはいえ、そんな時に必要となるのはお店を開店させる資金です。しかし、年収が少なく貯蓄がなかなかできない環境の人でも、プレゼン力があれば比較的容易に用意することができます。そんな時に利用するのが、クラウドファンディングです。
クラウドファンディングは、個人や企業がインターネットを通じて資金面で不特定多数の人達から援助を求めるもので、ネットにつながる環境さえ整っていれば、基本誰でも利用出来るものです。

クラウドファンディングという新しい仕組みができてからは、若くして独立し、起業家となる人や、一般的なサラリーマンや主婦、学生などでも起業するチャンスが得られるようになりました。
クラウドファンディングに必要なのは、情熱です。自分が提供するものがどんなものであれ、ある事柄を成功させたいと思う強い思いがなければ、資金を提供してくれる人々から賛同は得られません。

新しい飲食店を探したい、そして起業したいと思っている人は、一度と言わず何度でも東京に足を運ぶと良いです。東京は、流行の発信地としての役割を未だに持っています。そんな都市には、地方にはない新しい食品などを使用したお店が立ち並んでいるので、まだ日本にないものは何なのかをリサーチするのには最適な場所なのです。また、ネットを駆使して情報を集めることも必要です。今の時代は情報社会のため、いかに他人より早く情報を集められるかが重要なポイントとなります。それらを踏まえて、海外に行き、現地でリサーチし、これだと思えるものがあったら、起業の準備を始めると良いでしょう。


脱サラをしてケータリングカーをやりたい男の夢

この頃、平凡なサラリーマンをやっているのもなかなか大変になってきました。とにかく毎日が単調なのでつまらないし、もっとやりがいがあってもいいと思うんですよね。ただ、安定性は魅力なので捨てるのももったいない気もします。

とはいえ、私もいつまでもこのまま会社にしがみついているわけにもいきません。夢を追求するにしても生活の基盤を整えなくてはなりませんが、家族がいないのは幸いでした。というのも私はまだ独身なのでやりたいことを好きにチャレンジできる環境はあります。ちなみに付き合っている人もいません。

この際ですから脱サラをして、ケータリングカーで飲食物を販売するのもよいかもしれませんね。ケータリングカーがあればどこにでも基本的には移動することができるので夢が広がります。もちろんどこでも移動できるからといっても許可のないところでやるのはいただけません。きちんとそうした法的なことはクリアしてからではないといけないと自分でも思っています。

まずはケータリングカーを購入する前にどんな飲食物を扱うかを考える必要もありました。購入費用自体については別に退職金が支払われるので問題はないのですが、メニューなどが決まっていなければ意味がありません。それも飲食物に関しては素人も同然なので、詳しい人に強力を仰げれば一番まともですね。身近にそんな人はいないとは思いつつ、インターネットでそうした協力者を探してみるのもいいかもしれません。

サラリーマン時代とは違った楽しみを感じることができるのも、また魅力なのではないでしょうか。生きてきた中でこうした楽しみってなかなかありませんでしたから、余計にケータリングカーの活動が楽しみでなりません。仕事というよりはライフスタイルぐらいの勢いで楽しめることができれば最高です。色々と準備をするもの、そして学習するものもありますので、きちんと段階を踏んでクリアをしていけるように頑張っていきたいと思います。


店舗を持つことなく商売をはじめられるケータリングカー

気軽に移動販売できる車両としてケータリングカーがあります。このケータリングカー最大の特徴は車の中で料理ができることです。料理をするときに必要な水、電気、ガスなどの設備がしっかり備わっています。トラックの荷台にキッチンをそのまま載せたような車です。ケータリングカーさえあれば店舗を構える必要はありません。いつでもどんなところでも直ぐに商売がはじめられるのです。

ケータリングカーで本格的に商売をはじめるなら、自分だけのケータリングカーを製作するのがいいでしょう。日本の社会には移動販売車を専門に取り扱っている自動車会社があります。その会社に依頼すれば自分好みのケータリングカーを作ることができます。こだわりを持てるのはキッチンのことだけではありません。ケータリングカーのデザインについてもいろいろと要求することができます。

特定の期間のみケータリングカーを使用したいのであれば、移動販売専門のレンタカー会社から借りるのがいいでしょう。自分が要求している数のケータリングカーを準備してくれます。お祭りやコンサートなど、期間限定のイベントで特に力を発揮してくれます。最小限のコストで最大の利益を生み出すことができるのです。

ケータリングカーでどんな商売をはじめるのかは本人の自由です。夏はアイスクリーム、冬はおでんといった形でその季節に見合った商売を行うこともできます。また、その気になればケータリングカーで旅行に出かけることも可能です。衣食住すべて揃った走る建物なのです。

ケータリングカーは商売としてだけでなく個人の持ち物としても十分利用価値があります。一家に1台あっても邪魔になることはないでしょう。自宅代わりとして十分機能します。個人の持ち物として確保しておけば友人や知人に貸し出すこともできます。子どもの送り迎えにでも利用すれば間違いなく目立つことでしょう。ケータリングカーの周囲に自然と人が集まってきて商売繁盛へと導いてくれるのです。


ケータリングカ―で始める自分のお店

「ケータリングカー」を知っていますか?
ショッピングモールや大型スーパーなどでたまに見かけた事のある方はいらっしゃるかもしれません。簡単に言うと車とキッチンが合体したような乗り物で、ケータリングカー一台あればそこで煮る・焼く・揚げるなど様々な調理ができてしまいます。
また料理に必要な電気や水道、ガスなどの設備もあらかじめケータリングカー内でまかなえるよう設計されていますので外部からの供給が一切不要となります。これにより、ケータリングカ―一台あればどこでも料理ができるようになるのです。

ケータリングカーを購入し、脱サラして経営を始める方もいらっしゃるようです。
ケータリングカ―でお店を出店するメリットとしては敷地代やテナント料が一切かからない点でしょうか。敷地を購入して出店する場合はそのぶん建築費がかかりますし、最近よく聞く居抜き物件を改装してお店を新たに出店する場合でも、どちらにせよ建築面にお金がかかってしまいます。ケータリングカーですと車一台ぶん購入してしまえばあとはどこでも移動して販売を行えますし、移動できるぶんお客さまの近くへ行く事ができ、アピールにもつながるでしょう。
最近では新品だけでなく中古のケータリングカー販売もあり、より簡単に仕事を始められるようになりました。やる気さえあれば誰でもできる、という点がケータリングカーでお店をやるメリットであるといえます。

しかしお店をやるとなると重要になるのがいかにしてお客さまの集まるお店ができるか、という点です。
ケータリングカーという物珍しさで購入される方もいらっしゃるかもしれませんが一番重要なのはやはり「味」です。いかにしてお客さまの目を惹きつけ、美味しいものを提供できるかが重要なポイントになってきます。

事業がうまくいかずすぐ辞めてしまう方がいるのも事実ですが、成功すればお客様に面と向かって商売ができる楽しい仕事であることは確かであるといえます。
自分のアイディア次第で経営できるお店の種類も広がりますから、興味のある方は一度検討してみては如何でしょうか?


ケータリングカーでの移動販売でおすすめしたいお仕事

ケータリングカーでの移動販売でおすすめしたいお仕事があります。

それは「ケータリングカーでの移動販売のフランチャイズになる」ことです。
今回は移動販売のフランチャイズになるメリットをご紹介します。

■開業資金が安い
フランチャイズチェーンは本来店舗型でも見られる形態ですが、店舗のテナント代が実費でかかるため開業資金が高いのが難点です。
その点移動販売の場合には車がお店になるので費用が安く、100万円ほどで開業できる会社もあります。
また移動販売の車をレンタルから始めさせてくれる会社もあります。
ただし1年程度続けると購入する額を超えてしまう場合があるのでその時点で買取をすることも選択肢の1つです。
また営業許可については車単位になるため、会社が全て行ってくれます。
あとは販売先の敷地との交渉です。
自分で良い場所を見つけた場合にはその場所の所有者(スーパーなど)との交渉になりますが、会社が既に交渉済みの土地を紹介してくれるので、その場所を転々と回って営業が出来るのもフランチャイズ店の強みです。

■どういった食べ物があるか
移動販売のフランチャイズにはさまざまな種類の食べ物があります。
焼きそば、イカ焼き、からあげなどのB級グルメ系、パフェ、クレープ、ジュースなどのスイーツ系などです。
おすすめなのは粉物系です。
寒い時期はもちろん夏の時期にもある程度需要が見込めて1年中固定収入が見込めるからです。
一方スイーツ系は基本的に夏の売り上げがスナック系よりも上回ります。
冬の寒い時期にはホット系になりますが、パフェやクレープなどでは他のメニューに切り替えることになります。
こちらは変動が激しい分少し不安定ですが、女性客をターゲットにしているので常連客を増やすことが出来ると平日、土日関わらず売り上げを期待出来るのが特徴です。

■経営でのポイント
移動販売はまずは営業場所の確保が利益を生む最大のポイントです。
またフランチャイズの強みはネームバリューがあるので、良い営業場所を確保出来ると地域住人の人の利用が多くなり、かなりの利益につながっていきます。
また飲食店チェーンの移動販売のフランチャイズではチェーン店自体が店舗型と移動販売型両方を展開しているお店もあります。
まずは移動販売で調理や接客を身につけたり、経営のノウハウを身につけて、最終的には店舗型のお店を開業してさらに利益を得るというステップアップも出来ます。

このようにケータリングカーのフランチャイズはいろんな選択肢があり利益を上げられるお仕事です。
飲食店の経営を考えている人はぜひ一度検討してみてください。


不況に強いケータリングカーでの販売

リーマンショックで日本の経済が悪化してから、一時的にケータリングカーでの販売が増えました。なかなか財布のひもを緩めない消費者に対して、こちらからアプローチをする形でモノを売っていくというスタイルをとりました。

どうしてもスーパーなどに行くと、つい安売りをしているものを購入して結果的に大きな出費になることを避けるため、スーパーには行かない、外出の回数を減らすという手段をとっている消費者に、個別に購入してもらうのです。ケータリングカーはその点では非常にメリットが大きいといわれ、消費者がこの程度の出費なら許容範囲と感じる価格で販売することができます。

ケータリングカーに乗せて販売するのは、1個2個という単位で購入できるものが多く、リーマンショックの後に移動販売されていたのはメロンパンや揚げパンなどです。これらはちょっとしたブームになっていたのもこの頃で、懐かしい味、給食の思い出などで良き時代を思い出すアイテムにもなったようです。

その後、ケータリングカーでのブームがニュースになってから、コンビニ各社でブームに便乗して販売を開始したことも頷けます。美味しいものを食べたい、でも経済的に切りつめなければならない時期の場合、個別で少しの贅沢を味わうことで生活の満足感を得ている消費者にはうってつけといえます。まだ日本の経済は一部でしか回復していないといわれていますが、まだケータリングカーでの販売は増えています。

これは景気がよくなってきたからではなく、店舗という形での販売がまだ利益を生むには弱いと判断されているためです。ケータリングカーの方が初期投資を始めとするコストの削減には最良の手段ですし、まだまだ店舗の家賃は下がらず、ランディングコストを見た時にもケータリングカーでの販売は魅力的ということなのでしょう。夕方から夜にかけて、スーパーの前の広い場所でメロンパンや揚げパンを少しだけ購入している消費者が多かった光景は、今でも続いています。


ケータリングカーの経営コンサルティングの会社と資料請求

ケータリングカー、いわゆる移動販売の為に用いられています。主に飲食物を販売する目的で用いられている車ですが、それで事業を営んでいる方々は、しばしばノウハウを知りたいと考えています。

そもそも事業を営むとなると、やはり売上数字などが大きなポイントになります。そして多くの方は、その数字をできるだけ伸ばしたいと考えています。数字を伸ばし為の方法も色々とありますが、方法論で迷ってしまっている方も見られます。経営ノウハウなどを学びたいとは思うものの、どうすれば良いか分からずに困惑してしまっている方も見られる訳です。
1つのやり方としては、資料請求という方法があります。というのも世間には色々な会社があって、中には

車上販売に関するコンサルティングを行っている所もある訳です。
そしてここ最近のコンサルティング会社では、会社案内のパンフレットを用意している事も珍しくありません。たいていのコンサルティング会社には公式サイトがありますが、そこには資料請求という項目があります。そこで住所など様々な情報を入力して送信しますと、コンサルティングの内容を解説したパンフレットを送ってくれる訳です。

ケータリングカーでの販売に関心を抱いている方々は、しばしばその請求サービスを利用しています。複数のコンサルティングの会社から資料を取り寄せて、それぞれのサービス内容を比較している方々も珍しくありません。

ただ料金が気になる方も、中にはいらっしゃるでしょう。業者からパンフレットを送ってもらうのは良いものの、郵送料金が発生するのではないかと不安な方も見られます。
しかしそれは特に問題無いと考えて良いでしょう。ほとんどのコンサルティング会社では、資料は無料で郵送してくれるからです。幾つの会社から資料取り寄せても、料金が発生する事はありません。

何せ経営に関する相談ができる専門家の方が居るのは、とても頼もしい事です。専門家を効率的に見つけるためにも、ケータリングカーの資料請求は有効活用してみると良いでしょう。


初期費用と運転資金にメリットがあるケータリングカー

物品を販売して利益を得るためには、初期投資が必要になります。販売方法は様々ですが、どの方法でも費用がかかる事は間違いありません。
販売方法は、大きく分ければ2種類あります。実店舗にて販売をする方法と、ケータリングカーです。どちらもそれぞれメリットがありますが、初期投資金額だけを見ると、後者の方がメリットが大きいとの意見が根強いです。

まず実店舗で物品を販売するためには、どこかの建物を借りる必要があります。そして、その金額は軽視できません。
都内の物件などを借りるとなると、かなりの金額が必要になってきます。家賃が数十万円ほどの物件も、そのエリアには多く見られる状況です。

また賃貸の物件は、敷金が非常に高めになります。物件によっては、半年分程度必要になってしまうのです。ですので、初期費用は100万円ほどかかってしまうケースも多々見られます。
ところがケータリングカーの場合は、そこまで多くの費用がかからないケースも珍しくありません。その車のレンタルサービスの場合、さすがに初期費用は100万になる事はありません。少なくとも都内の賃貸物件で物品販売をするよりは、費用を抑える事ができるでしょう。

それと事業を営む際には、運転資金も必要になります。実店舗で事業を営む際には、継続的な家賃支払いが必要になってくるのです。またお店の改装費用が必要になる事もあります。いわゆるリフォームなどが行われるケースも多々ある訳です。

ところがケータリングカーの場合は、そこまで費用が高めになる事はありません。車という特性上、基本的にはリフォームをする必要もありません。レンタルしているケータリング用の車を別のタイプにチェンジする事もできますので、大抵リフォームは不要です。

このようにレンタル料金が低めになるのが、ケータリング用の車の大きなメリットの1つと言えるでしょう。費用を節約して物品販売をしたい時には、実店舗よりはケータリングカーがおすすめです。


1 2 3 4 6